1. ホーム
  2. おもちゃ花火
  3. 重大製品事故

重大製品事故

※重大製品事故情報は、消費生活用製品安全法に基づいて消費者庁消費者安全課がインターネットで公開した花火事故の情報を基に掲載しています。

平成28年重大製品事故

※ありませんでした。

平成27年重大製品事故

※ありませんでした。

平成26年重大製品事故

※ありませんでした。

平成25年重大製品事故

※ありませんでした。

平成24年重大製品事故

※ありませんでした。

平成23年重大製品事故 No.1101

(平成23年9月29日作成)

協会HP公表内容
製品一般名 花火(手持ち花火)
事故概要 当該製品に点火したところ異音と共に破裂し、持っていた小学生(7歳)が右目周辺に火傷を負った。事故発生時の状況も含め、現在、原因を調査中。
事故発生日 平成23年8月9日
報告受理日 平成23年9月20日
被害状況 重傷1名
事故発生都道府県 埼玉県
その他 会員が重大製品事故と認識したのは、9月12日。事故状況及び原因については、現在調査中。なお、当該製品での事故は初めてである。

平成22年重大製品事故 No.1002

(平成22年8月23日作成)

協会HP公表内容
製品一般名 花火(打ち上げ花火)
事故概要 当町内子供会で花火をしていたところ、当該製品に点火した際、花火が水平方向に飛び、約5m離れていた被害者に当たり、右手に火傷を負った。当該製品の固定方法が適切だったかどうかも含め、現在、原因を調査中。
事故発生日 平成22年7月3日
報告受理日 平成22年8月12日
被害状況 重傷1名
事故発生都道府県 神奈川県
その他 事故状況及び原因については、現在調査中。なお、当該製品での事故は初めてである。

平成22年重大製品事故 No.1001

(平成22年8月9日作成)

協会HP公表内容
製品一般名 花火(手持ち花火)
事故概要 当該製品に点火後、後方より火が噴き出し、負傷した。現在、原因を調査中。
事故発生日 平成22年6月23日
報告受理日 平成22年8月3日
被害状況 重傷1名
事故発生都道府県 群馬県
その他 事故状況及び原因については、現在調査中。なお、当該製品での事故は初めてである。

平成21年重大製品事故 No.0904

(平成22年8月9日作成)

協会HP公表内容
平成21年10月19日公表No.0904の事故については、経済産業省の審議の結果、製品起因の事故では無いとの判断がなされたので削除した。

平成21年重大製品事故 No.0903

(平成24年1月6日作成)

協会HP公表内容
製品名 花火(噴出花火)
機種・型式名 ロケットファイアージェット
事業所名 マルカ株式会社
事故の内容 当該製品に点火後、しばらくして当該製品が大きな音とともに破裂し、負傷した。調査の結果、当該製品は、噴出口が詰まっているなどの不具合があったため、点 火後に花火が吹き出さず、紙筒の内部圧力が上昇して破裂したものと考えられる。ただし、当該製品が破裂していて確認ができないことから、原因の特定には至らなかった。
事故発生日 平成21年8月11日
報告受理日 平成21年9月18日
被害状況 重傷1名
軽傷2名
事故発生都道府県 愛知県
備考・その他 無し

平成21年重大製品事故 No.0902

 (平成24年1月6日作成)

協会HP公表内容
製品名 花火(手持ち花火)
機種・型式名 白ススキ(白ウサギ)
事業所名 マルカ株式会社
事故の内容 当該製品に点火したところ、しばらくして当該製品が破裂し負傷した。調査の結果、当該製品は、着火薬の詰め方の不具合により、着火薬が燃焼し終わる前に内部の火薬に着火し燃焼したことで、未燃焼の着火薬が栓になり、紙筒の内部圧力が上昇し、破裂したものと考えられる。
事故発生日 平成21年6月21日
報告受理日 平成21年9月14日
被害状況 重傷1名
事故発生都道府県 愛知県
備考・その他 無し

平成21年重大製品事故 No.0901

(平成23年11月25日作成)

協会HP公表内容
製品一般名 花火
事故概要 当該製品に着火したところ、火が消えた様になったため近づいたところ、該当製品の側面が裂け燃焼した火薬が飛び出して火傷を負った。
事故発生日 平成21年7月15日
報告受理日 平成21年8月4日
機種・型式名 打ち上げ花火(連発)
COMMANDO15(コマンド)
(R171029)
事業所名 株式会社稲垣屋
被害状況 重傷1名
事故発生都道府県 三重県
備考 調査の結果、当該製品は筒の先端まで土が詰め込まれており、かつ一発目の発射薬が不十分な不良品であったことから、筒内部で点火燃焼が連続的に発生し、筒内の燃焼ガスの圧力が高まり、紙筒が裂けて事故に至ったものと考えられる。(消費者庁平成23年9月26日変更)
その他 平成21年より当該商品の輸入及び販売を禁止した。

平成20年重大製品事故 No.080-3

(平成20年11月6日作成)

協会HP公表内容
製品一般名 花火(手持ち花火)
事故概要 当該製品を手に持って着火したところ、手持ち部分より火が噴き出し火傷を負った。現在、原因を調査中。
事故発生日 平成20年9月12日
報告受理日 平成20年10月30日
機種・型式名 玉桜花(A141019)
事業所名 株式会社ナルセ
被害状況 重傷1名
事故発生都道府県 東京都
その他 本製品は、5年前に同様の事故が発生したため、販売を中止し、回収を行った。それ以降の輸入はない。

平成20年重大製品事故 No.080-2

(平成20年11月25日作成)

協会HP公表内容
製品一般名 花火(打ち上げ花火)
事故概要 当該製品に点火したところ、1・2発目は正常に打ち上げたが、3発目は低く横方向に飛び、5m位離れた場所で見ていた人が、左掌に火傷を負った。現在、原因を調査中。
事故発生日 平成20年8月2日
報告受理日 平成20年10月8日
被害状況 重傷1名
事故発生都道府県 北海道
その他 原因調査の結果、3発目が極めて低い初速度で発射されたため、強風に流され、風下にいた被害者近くに落下し開発したものと推測される。注意書には、「風が強くなったらやめる」「風下に立たない」の表示があった。当該製品での事故は初めてである。

平成20年重大製品事故 No.080-1

 (平成21年4月3日作成)

協会HP公表内容
平成20年9月22日公表No801の事故については、経済産業省の審議の結果、製品起因の事故では無いとの判断がなされたので、削除した

平成19年重大製品事故 No.070-1

(平成20年4月9日作成)

協会HP公表内容
業者名 株式会社若松屋
型式名 迎春花
事故概要 当該製品にローソクで火を点けたが、火付きが悪く、しばらくして着火すると、先端が左真横に50cmほど飛び出して消費者の右足の甲に落ち、消費者が火傷を負った。
事故発生日 平成19年7月27日
被害状況 重傷1名
事故発生都道府県 岡山県
その他① 事故当時、花火の火着きが悪かったことから、薬筒部分を炙ったことにより、真横に火塊が飛び出したと考えられるが、使用者の使用状況が確認できないことから原因を特定することはできなかった。
その他② 過去5年間で約80万本輸入し消費されているが、同様の事故は報告されていない。
第三者委員会の判定結果 事故当時、花火の火着きが悪かったことから、薬筒部分を炙ったことにより、真横に火塊が飛び出したと考えられるが、使用者の使用状況が確認できないことから原因を特定することはできなかった。
  • 2016年花火大会スケジュール
  • 夏の花火フォトコンテスト
  • 花火入門

おもちゃ花火情報

安全とマナー

花火を安全に楽しむためには、準備と正しい知識が必要です。
ルールとマナーを守って、正しく遊びましょう。

おもちゃ花火の種類

おもちゃ花火ってどのくらいの種類があるの?
代表的なおもちゃ花火をご紹介します。

Page Top